エリーヌBLOG

マイホームは、自分たちの子どもみたいな存在なんです!

                   12月31日(土) 午後6時45分

 

            11月下旬に、本当にうれしい出来事がありました!

            少し長くなるかも知れませんが、よろしかったら、しばらくおつき合い下さい。

            

            中学校3年生以来、何と!47年ぶりにラブレターをもらったんです!

            しかも、若い男性からでした。

 

            実を申しますと、11月下旬にお引き渡しをさせて頂いたH様から、原稿用紙2枚にわたり、

            心暖まる、うれしい、過分なるお手紙を頂戴したのです。

 

            若いH様ご夫婦は、今年の3月に結婚されましたが、新居が完成するまでしばらくの間、

            別々に住んでおられました。

            

            ですから、私たちはなるべく早く新婚生活が送れるようにと、職人の皆さんと力を合わせて、

            何とか無事に、11月20日にお引き渡しをさせて頂くことができたのです。

 

IMG_0705_1 (Mobile).JPG

 

IMG_0633 (Mobile).JPG

 

            H様からのお手紙の全文を、ご紹介させて頂きます。

 

            「家を建てたいな。」と夫婦で話し合い、いろんな住宅メーカーを回っていた時期がありました。

            その最中、ふと伊藤建設さんの完成見学会に立ち寄らせて頂いたのが、私たちの家を建てる

            きっかけとなりました。

   

            もちろん、りっぱな家を見学させて頂いたのですが、それよりも驚いたのが、社長の伊藤さんの

            セミナーがあるということでした。

            もちろん参加させて頂き、住宅ローンや収納方法の講習、そして私たち夫婦とマンツーマンで

            未来設計の内容を、共に丁寧に考えて下さったことに感動しました。

 

            そしてそれは、私のマイホームに対する考え方に、大きく変化をもたらしたのです。

            「マイホームというのは、自分の子どもみたいな存在だなと。」

            

            私自身、子どもがいてもおかしくない年齢。

            ローンが払い終わる頃には、孫がいても不思議でない年齢。

            

            家を建てるということは、その家が0歳の時から、私たちと共に年を取っていき、学んだり、

            助けられたりする存在なんだなと、感じるようになったのです。

 

IMG_0598_1 (Mobile).JPG

 

            そう考えるようになってから、また今までとは違う意味でも家を建てたいと思うように

            なりました。

            伊藤建設さんに決めた一番のきっかけはこれでした。

            建築士の大江さんからも家の構造について、技術的なアドバイスを頂き、あらゆる面で

            失敗しない家づくりができたと満足しております。

 

            最後に、家が完成し引き渡し間近で、私たちと伊藤さんが家の中を見て回っている時に、

            

            「私にとっては、お引き渡しは娘を嫁に出すようなもんなんですよ。」

            

            と言っておられ、やっぱり伊藤建設さんで家を建てて良かったと思いました。

 

IMG_0600_1 (Mobile).JPG

 

            家を売る立場であると同時に、お客さんと同じ目線で家のことを考えてくれていると、

            実感しました。

            私たちも建てて頂いた家を、自分の息子、娘のような気持ちで大事に住ませて頂きます。

  

            スタッフの皆様、本当に有難うございました。

 

            会社に帰ってこの手紙を読ませて頂き、私は涙が溢れて止まりませんでした。

            H様ご夫婦は、私の子供たちと同じような年代であります。

            

            上棟祭には、私と同年代のご両親の皆様方にもお会いする事ができましたが、子供たちが

            尊いご縁で結婚し、若いながらも自分たちのマイホームを建てようとしている成長した姿に、

            安堵され、満足されているご様子がとても印象的でした。

 

            一昨年、私の長女夫婦、長男夫婦、そして今年の9月には、北陸新幹線のルート決定で

            お祝いムード一杯の小浜市に嫁いだ次女夫婦も、マイホームを完成させました。

 

            私たち親世代は、子供たちがあっと言う間に成長し、結婚して自立して行き、一抹の淋しさを

            感じながらも、子供たちの幸福を願いながら、年を重ねて行くものなんだなと、つくづく感じて

            いる今日この頃であります。

 

            「家づくりとは、愛する家族全員の、生涯のよりどころとなる舞台づくりです。

             私は家族の幸せを願って家づくりをされる、富山県の子育て世代の方々を、

             これからもずっと、応援し続けていきたい。」

 

            私の著書、「富山県で家づくりをするなら。」の、ブロローグです。

 

            エリーヌホームも、まだまだ至らない点も数多くありますが、お施主様の叱咤激励を真摯に

            受け止めながら、来年も一歩ずつ成長して行きたいと思います。

 

            明日は、妻のご両親、長女夫婦、長男夫婦、そして何と言っても、眼の中に入れても本当に

            痛くない、可愛い可愛い4人の孫たちとの、正月元旦の大宴会です!

            

            とは言っても、お酒をたらふく飲むのは、私だけなんですけども、2日はお客様とお会いする

            予定はないので、二日酔いする心配もいらないし、来年一年の鋭気を養うために、腹いっぱい

            美酒を味わいたいと思います。

 

            今、ブログを読んで頂いてるあなたにとって、来年もすばらしい年になりますように、また合わせて

            ご家族様のご多幸、ご健康を心からお祈り申し上げます。

可愛い孫たちの七五三詣りでした!

                       12月16日(金) 午前7時30分

 

            私たち夫婦には、眼の中に入れても痛くない、可愛い可愛い6人の孫たちがいます。

 

            次女夫婦は、福井県に嫁いでいるので、初孫と4孫の七五三には一緒に参拝できません

            でしたが、この度、長女夫婦の2孫と5孫の七五三に、初めて連れて行ってもらいました。

 

            11月21日(月)に行ったんですが、平日にも関わらず、結構参拝者がいらっしゃったので、

            本当にびっくりしました。

 

            記念写真の方は、当日は混み合うという事で、事前にスタジオで前撮りをしましたが、

            孫たちは、まるで芸能人のモデルさんのようなポーズをとり、とっても可愛らしかったです!

 

③ (Mobile).jpg

 

② (Mobile).jpg

 

① (Mobile).jpg

 

            エリーヌホームのお客様も、子育て世代の方々が大勢いらっしゃいますが、長女夫婦の

            ように、子供たちの健やかな成長を願って、七五三に参拝されていらっしゃるのだと思います。

 

            そして皆さん、家族が笑顔で、仲良く、いつまでも幸福に暮らせるようにと願いながら、

            マイホームを築き上げる事が、人生最大の大きな喜びと、夢なのだと思います。

 

            ですから、家づくりに携わらさせて頂いている私たちは、本当に責任が重く、それと同時に

            やりがいのある、尊い仕事をさせて頂いているんだなと、改めて気付かされた、今回の

            七五三詣りでありました。

 

IMG_0726 (Mobile).JPG

 

 

 

 

住宅ローン金利を予言します!!!

                      9月22日(木) 午後3時

 

            私はこの10年間、住宅ローンの事を、本当に必死になって勉強してまいりました。

 

            そして最近になって、遂に、「住宅ローンの金利」を、予測できるようになったのです。

 

            とは、偉そうに言ったものの、ほんのわずか1ヶ月後だけの事なので、余り自慢には

            なりませんよね。(笑)

 

            でも、わずか1ヶ月後の事だけでも、住宅ローンが下がる事が予測できれば、

            「フラット35」商品の場合、住宅ローンの契約を翌月にずらせば、ローンの返済総額を

            約10万円~80万円も減らす事ができるのです。

 

            フラット35商品の場合、金利は毎月1日に変わるんですが、5月の時点で、6月の金利が

            0.02%下がると予想したんですが、実際にそのとおりになりました。

 

            今度は6月に、7月の金利が、大胆にも0.13%も大幅に下がると予想したのです。

 

            その結果は、何と!0.17%も下がり、予想ははずれてしまいましたが、甘えさせて頂くと、

            許容範囲なのではないでしょうか?

 

            また、8月のフラット35商品の最低金利は、「0.90%」と、史上最低金利を更新すると予測

            しましたが、これまた大当たりでした。

 

            ところが9月の予想では、0.13%も今度は大幅に上昇するだろうと予想したところ、

            嫌な予感が当たり、0.12%も上がり始めたのであります。

 

      

IMG_8878 (Mobile).JPG

    

            日本銀行は、マイナス金利政策など、大胆な「量的金融緩和」を行ってきましたが、

            9月21日の「金融政策決定会合」で、極端な金利低めへの誘導政策を、とうとう転換する

            事が決定してしまったのです。

 

            その事を踏まえて、私は10月の「フラット35」商品の金利を予言させて頂きます。

 

               最低金利は、「0.04%」上がり、「1.06%」になります!!

 

            当たるも八卦。当たらぬも八卦と申します。はずれてしまったら、ごめんなさい。

 

            少々むづかしい話をしてしまいましたが、結論から言わせて頂くと、住宅ローンの金利は

            これ以上下がる事はあり得ない状況となり、今後は時間をかけて、おそらく徐々にですが

            上昇に転じて行くだろうと思われます。

 

            「ええ~、何でしょうか?」

            「どうして、金利を予測できるのかって?」

            それは企業秘密なので、ブログではお応えできませんが……、

 

            「損をしない!失敗をしない! 住宅ローンセミナー」に参加されると、詳しくその秘密を

            ご説明しますので、ぜひ一度セミナーに参加される事を、私は強くお勧め致します。

            

「自然素材の家」のモデルハウスが、遂に完成しました!

                      7月27日(水) 午後7時

 

            エリーヌホーム初めてのモデルハウスが、魚津市大海寺野地内に、遂に完成しました。

 

IMG_8002 (Mobile).JPG

 

            今までは、お施主様の大切なお家をお借りして、月1回のペースで、土曜日、日曜日の

            2日間だけの、完成現場見学会を開催させて頂いておりました。

 

            でも、昨今の勤務状況の多様化などで、見学会に来場したくても、日程の都合がつかず、

            今までに、参加できない方々が数多く見受けられたので、いつでも好きな日時にご案内できる

            「モデルハウス」を建築したいなと、私は常日頃から考えていたのです。

 

            また、時々なんですが、

            「エリーヌホームさんは、自然素材たっぷりのお家を建てれないんですか?」

            

            と言うようなご質問も頂いていました。

 

            「自然素材のお家でも、何でも、いくらでも建てることは可能ですよ!」

           

            とは言ってみたものの、丸ごと無垢材を使った、すべて自然素材のお家を建てた事は、

            正直言って、今までに一度もなかったのです。

 

            そこで、今度思い切って、「本物の自然素材のモデルハウス」、を建築する決断をしたので

            ありました。

 

IMG_7903 (Mobile).JPG

 

IMG_8007 (Mobile).JPG

 

IMG_8012 (Mobile).JPG

 

            

IMG_8013 (Mobile).JPG

 

IMG_8014 (Mobile).JPG

 

IMG_8009 (Mobile).JPG

     

            最近になって、多くの旦那様が間取りで希望されるようになった事が、一つだけがあります。

 

            「小屋裏部屋の書斎で、静かに一人きりになれる、癒しの空間と時間が欲しい!!」

            

            世の殿方は、世間の荒波にもまれて、ストレスがたまりきっているのでしょうか?

 

            同じ男性として、私もその気持ちが痛いほどよくわかるので、今回のモデルハウスでは、

            2階建て3階仕様の、小屋裏部屋も設ける事に致しました。

 

IMG_8016 (Mobile).JPG

 

IMG_8018 (Mobile).JPG

 

            正直に言いまして、自然素材のお家は、どうしても高額になってしまいます。

 

            可能な限り、資金計画は慎重に、しっかりと立てたうえで、自分たちの予算の範囲内で、

            

            「LDKとホールだけは、無垢材を使おう」、

            「子供が喘息気味なので、壁だけは自然素材にしたい!」、

 

            などと、家づくりへの思いの優先順位を明確にされて、このモデルハウスを利用される

            事を、私は強くお勧め致します。

 

            モデルハウスのオープン内覧会は、8月6日(土)、7日(日)に予定していますが、

            8月1日(月)からは、いつでもお好きな時間帯にご案内できますので、ぜひご予約の

            連絡を頂ければと思います。

 

            ちなみに、8月5日(金)の北日本新聞の朝刊に、会場案内図がわかる新聞広告が掲載

            されますので、ご参考になさって下さい。

 

            今日のブログは、モデルハウス完成のご報告でした。

        

 

 

 

何故、住宅ローンの利息が、751万円も減ったのでしょうか?

                        7月8日(金) 午前7時05分

 

            私たちのお施主様の中で、住宅ローンの利息を、何と!751万円も当初の資金計画から

            減らす事ができた方がいらっしゃいます。

 

            A様とは、昨年8月の完成現場見学会が、初めての出会いでありました。

            

            早速、「損をしない!住宅ローンセミナ」に参加され、5年後、10年後、20年後、30年後も、

            無理なく支払って行ける、住宅ローン借入限度額の目処をつけられました。

 

            土地探しから、一緒に家づくりのお手伝いをさせて頂き、今月、ようやく無事お引き渡しを

            させて頂く事ができたのです。

 

            「ところで伊藤さん、私の住宅ローンの支払い金額は、一体どの位になるんですか?」

 

            A様は、心配そうな表情で、そっと私に尋ねられましたが、私は笑顔でお答えしました。

 

            「Aさん、当初の月々の支払金額よりも、17,901円も少なくなって、35年の返済期間では、

            利息が何と!751万円もお得になったんですよ!」

            

            A様はびっくりすると同時に、当然ながら大喜びされ、「伊藤社長のおかげです!」

            と言って頂きましたが、私の力ではなくて、本当に運が良かったのだと思います。

 

            住宅ローンの金利は、誰もに予測できないと言われておりますが、このわずか半年間で、

            こんなにも住宅ローン金利が、史上最超低水準になるとは………、

            

            日銀の黒田総裁も、正に、「びっくりぽん!」、しているのではないでしょうか?

 

            1月29日に発表された、「マイナス金利政策」、おまけにとどめを刺したのが、6月に決定した

            「イギリスのEU離脱」、この2つの大きな要因で、この半年間で、住宅ローン金利は、徐々に

            0.6%も下がり続けて来たのです。

 

            「それじゃぁ~、これからの金利は、一体どうなって行くの?」

            

            と、あなたは思われたでしょうが、紙面の関係上限りがありますので、ぜひ、記念すべき

            第200回目を迎える、「損をしない!住宅ローンセミナー」へ、ご参加される事を、私は強く

            お勧め致します。

 

            A様のように、大成功できるかどうかわかりませんが、少なくとも、大きく失敗しない方法を

            お話しできますので、ぜひ一度ご期待なさって、ご参加されてみてはいかがでしょうか?

            

            さて、7月9日(土)、10日(日)に、魚津市平伝寺地内で、今年5回目の完成現場見学会を

            開催させて頂きます。

 

            今回の、完成現場見学会の見どころを、ほんの少しだけ紹介させて頂きますと………、

 

IMG_7746 (Mobile).JPG

               カーポート、土間コンクリート工事など、外構がきれいに整備されていいます。

 

IMG_7515_1 (Mobile).JPG

               3.5帖もある玄関、玄関クロークは、雨具もしまえる、ゆとりの広さです。

 

IMG_7519_1 (Mobile).JPG

                LDKは22.5帖、リビング収納、食品庫など、収納力抜群の間取りです。

 

IMG_7520_3 (Mobile).JPG

                  高級感溢れる、「ヘリンボーン」無垢フローリングも、見どころです!

 

IMG_7521 (Mobile).JPG

              キッチンから、サンルーム、ユーティリティー、洗面脱衣室へ行ける、家事動線です。

 

IMG_7523_2 (Mobile).JPG

                   リビングと一体化した、4.5帖の和室も、とてもおしゃれです!

 

IMG_7531 (Mobile).JPG

        おしゃれな壁紙に囲まれた、5.5帖の洗面脱衣室は、洗って、干して、仕舞える、ゆとりの広さです。

 

            失敗しない家づくりをするためには、成功した幸福家族から家づくりのコツを学ぶ事が、

            一番の近道だと思います。

 

            なぜ、大切なお家を見学会場として、お施主様が快く、貸して下さるのか?

 

            毎回、毎回、毎回、お施主様がやさしく言って下さいます。

 

            「私たちも、夢の家づくりの始まりが見学会だったから………、

             何度も何度も、いろいろな素敵なお家を見させて頂きました。

             これから家づくりを始められる方々に、今度は私たちのお家を見て頂いて、

             少しでも参考にして頂ければ!!!」

 

             せっかくの成功家族からの、成功エッセンスのおすそ分け、失敗しない家づくりの

             大切なポイントだと、私は思うのです。

 

             「百聞は一見にしかず。」………、ぜひお気軽に遊びに来て下さい!

                         

 

初めての二世帯住宅、何から始めればいいの?

                           5月26日(木) 午後2時15分

 

            エリーヌホームでは昨年、3棟の二世帯住宅を建てさせて頂きましたが、いよいよ今年

            初めての二世帯、三世代同居のお家が、ついに完成致しました。

 

IMG_6687 (Mobile).JPG

 

            一昔前でしたら、二世帯住宅は当たり前の時代もありましたが、最近では生活スタイルの

            多様化などで核家族化が進み、非常に少なくなったように思います。

 

            しかしながら2~3年前から、親世代の敷地に、子世代のお家を建てられる方々の方が、

            二世帯住宅よりも、圧倒的に増えてまいりました。

 

            やはり、資金計画の面でも、土地を購入してからでの家づくりでは、負担が大きくなり過ぎて

            住宅ローンの支払いも、当然のごとくきつくなってしまいます。

 

            お金の面からも増えてきた大きな要因だとは思いますが、私はやはり、同じ敷地内で住む

            事により、「親世代は、老後の安心感、いつでも可愛い孫に会う事ができる!」

            

            「子世代は、親世代と協力し合い、孫の面倒も見てもらいながら、共稼ぎのし易い環境を

            つくる事ができる!」

            

            など、お互いに助け合いながら、適度な距離感が保てる事に、大きなメリットを感じていらっしゃる

            のではないでしょうか?

 

            何を申しましょう!我が家も、息子夫婦が平成26年7月に、敷地内にお家を建ててくれました。

 

            ですから、毎日のように2人の孫たちに会う事も出来ますし、生活スタイルの違う息子夫婦とも、、

            1週間に一度は、6人家族で夕食を共にし、楽しいい一時を過ごす事ができるのです。

 

IMG_7089 (Mobile).JPG

            

            しかしながら、やはり何と言っても最高の理想の住まいは、「二世帯三世代同居」なのだと、

            私は固く信じています。

            

            自分自身の世代が、二世帯住宅が当たり前で、おじいちゃん、おばあちゃんに可愛がって

            もらいながら育ちましたし、私の3人の子供たちも、父や母と一緒に暮らしながら、暖かい

            家庭環境で大人になり、健全に自立し巣立って行ったからであります。

 

            今回の見学会のお施主様も、「三世代家族、仲良く、共に助け合いながら、尊い人生を

            一緒に有意義に過ごして生きたい。」、と思われたのだと思います。

            

            お施主様も、二世帯住宅を考えていらっしゃる方々に、少しでも参考にして頂ければと

            思われ、今回の完成現場見学会を開催する事ができたのでありました。

            

            ここで、今回ご覧頂けるお住まいの見どころの、ほんの一部をご紹介させて頂きます。

 

IMG_6927 (Mobile).JPG
               
IMG_6930 (Mobile).JPG
                     3.6帖もある玄関、収納たっぷりの玄関クロークです!

 

IMG_6943 (Mobile).JPG

                  

IMG_6940 (Mobile).JPG

IMG_6944 (Mobile).JPG

                    20.0帖のゆったりLDKは、リビング収納、食品庫、カウンター収納、

                    カップボードが設置され、収納力抜群の間取りです。

                    赤松の無垢フローリング、テレビ画面壁の、吸湿性の高いおしゃれな、

                    「エコカラット」、断熱効果最大のトリプルサッシの長戸、ヒノキ柱、

                    梁見せなどなど、自然素材たっぷりのお家です。

 

IMG_6946 (Mobile).JPG

                    洗って、干して、仕舞うことのできる、勝手口に出れる、

                    4.0帖の洗面脱衣室も見どころです!

 

            またその他にも、再生可能エネルギーの地中熱を利用した、革新的な冷暖房設備の採用。

            夏とっても涼しく、冬もとても暖かい、ウレタン遮熱工法の高気密高断熱のお家です。

 

            二世帯住宅は大きく分けて、完全共用型、一部共用型、完全分離型の3つに分類されます。

 

            ある日突然、家族の誰かが、「二世帯住宅を建てたいと思うんだけど……?」

            と言い出したら、あなたはどんな気持ちになりますか?

 

            「え~!!、うまくやっていけるかな……?」

            「にぎやかで、楽しくなるぞ!」

            「老後が安心かも。」

            「経済的に助かるな。」

            「気疲れしそうで、気が重い……」

 

            この問いかけに対する反応は、家族の数だけあるでしょう。しかし…、

            二世帯住宅という言葉には、なぜか、ちょっとした不安がつきまとう方もいらっしゃるのでは

            ないでしょうか?

 

            ただ、たとえその時の思いはどうであれ、理想の未来は一つです。

            

            「互いが尊重し、協力し合って、健康で仲良く暮らしていくこと。」

 

            そのためにも、家族全員で率直に話し合って、不安を解消し、納得できる住まい方を

            考えていって頂きたいと思います。

                    

 

 

 

            

初孫に、裏口入学を教えてしまいました!

                        5月24日(火) 午後7時30分

 

            去ること、5月3日のゴールディンウィークに、福井県の小浜市から遊びに来ていた、初孫と

            4孫を連れて、魚津市のミラージュランドへ行ってまいりました。

            伊藤家では、ゴールディンウィークの恒例の行事になっています。

 

            初孫は、立体迷路、「ミラメイズ」がとても大好きなので、小学1年生になった事でもあり、

            今回は、難易度が上がった、「ドキドキコース」に、チャレンジする事にしました。

 

             

IMG_6646 (Mobile).JPG

 

            いつもでしたら、15分程度で楽勝でゴール出来ていたので、私は気楽に考えて甘い気持ちで

            挑戦してしまいました。

 

               実はそれが、悪夢の始まりだったのです!

 

            入園開始早々とは言え、子供連れの多くの方々が入っていらっしゃったので、迷路の中は

            大変混雑していて、暑さでムンムン、ラッシュアワー状態でした。

 

            いつもならスイスイ行けたのに、今回はまさしく難易度が上がったせいなのか、私たちを始め

            大勢の皆さんが、必死になって抜け道を探し続けていたのです。

 

            気が付いたら、すでに1時間近くが過ぎようとしていたのに、ゴールにたどり着く事ができません

            でした。

            私は、日頃の運動不足がたたってしまい、汗だくだくになり、気を失いそうになってしまいました。

 

            元気一杯の若々しい初孫は、心配そうな眼差しで私を見つめ始めたていたので、

           

            「ジジ疲れたから、もうやめようか。」

            初孫は安心したように、やさしくうなづいてくれました。

 

            そして、脱出口の方に向かって歩き始めた時、正に驚くべき奇跡が起こってしまったのです!

 

            ゴールから帰って来た方が、脱出口の近くのドアを開けた時に、私に悪魔のささやき声が

            聞こえて来ました。

 

            「この隙間に入り込めば、ゴールにたどり着けるぞ!!!」

            私に迷いはありませんでした。

            

            「ちょっと失礼します。」と、初孫の手を取り、すばやく、くぐり抜ける事に成功して、ゴールに

            たどり着く事ができたのです。

 

            まさしく私は初孫に、ルール違反を教えてしまったのでした。

 

            私は大いに後悔はしましたが、「世の中の荒波を乗り切って行くためには、多少はこの程度の

            世渡り上手になってもいいのかな?」 と、悲しい言い訳を、自分自身の心の中にしてしまいました。

 

                  

IMG_6645 (Mobile).JPG

 

            夕方になると孫が集まり始めて、座敷にある五月人形の前や、家の庭、リビングなどで、

            1年に1回の成長した姿を、記念撮影致しました。

 

            

IMG_6771 (Mobile).JPG

 

IMG_6777 (Mobile).JPG

 

IMG_6758 (Mobile).JPG

   

   

IMG_6746 (Mobile).JPG

 

            このようにして、我が家のゴールディンウィークには、毎年のように、自立して巣立って行った

            私たちの3人の子供たちが、6人の孫を連れて来て、平成19年に新築した、思い出の残る

            我が家に集まって来てくれるのです。

  

            「家づくりとは、愛する家族全員の、生涯のよりどころとなる舞台づくりです!」

 

            私はご縁を頂いて、家族の幸せを願って家づくりをされる方々を、これからも微力ですが

            ずっと応援して行きたいと、改めて決意させてくれる、楽しいひと時でありました。

 

            そして今年も、4泊5日の里帰りを終えて、小浜市の孫たちが帰って行ったのです。

 

IMG_6778 (Mobile).JPG

 

           

 

 

            

           

 

       

 

 

            

 

 

            

 

            

 

本物の自然素材の家、「モデルハウス」がいよいよ着工!

                     5月23日(月) 午後7時

 

            4月29日(金)、エリーヌホームの、「モデルハウス」が、いよいよ着工しました。

 

            エリーヌホームの家づくりの理念は、「安くて、いい家」をつくる事です。

            

            「安い家」とは、お客様の予算内で、無理なく建てられる家。

            「いい家」とは、お客様の悩みや、不安、そして不満などの問題を、すべて解決できる家。

 

            私たちは、そのように固く信じています………、しかし

            見学会にお見えになる方から、時々こんな質問を受ける事があるのです。

 

            「エリーヌホームは、自然素材のお家は、建てれないんですか??」

            

            私は、こんな風にお答えしています。

            

            「自然素材の家は当然建てれるけど、自然素材は高くなるので、自分たちの予算内で

            無理にならないか?検討されたらいいと思いますよ。」

  

            ある意味では、「失礼な言い方だな!」と、感じる方もいらっしゃるかも知れません。

            

            でも、お客様の予算内で、無理なく建てられる家づくりが、私たちのポリシーなので、

            「おせっかいだな~」と思われるかも知れませんが、どうかお許し願いたいのです。

 

            そうは言うものの、私の福井県小浜市に嫁いだ次女夫婦も、5月14日に、地元の

            工務店さんで、何と!高価格帯の、「自然素材のお家」の上棟を終えたんです!

            

            娘夫婦の資金計画では、無理なく建てられる家づくりだったので、私は安心して、

            ゴーサインを送って上げました。

 

            実際に、自然素材をのお家を望まれる方々が、このように数多くいらっしゃる事が徐々に

            わかってきましたので、

            少しでも安く買える、「本物の自然素材の家」のモデルハウスを

                         エリーヌホームで建設する事を、私は決断したのです!

 

            ここで、完成予想イメージ写真を、ご覧になって下さい。

            

            IMG_7031 (Mobile).JPG

            3月の下旬に基礎工事を着工し、後は上棟を待つばかりになりました。

                    

IMG_6508 (Mobile).JPG

 

            そしてついに、4月29日(金)昭和の日に、無事上棟を終える事ができたのです。

 

                   

IMG_6509 (Mobile).JPG

 

                    

IMG_6572 (Mobile).JPG

 

                    

IMG_6578 (Mobile).JPG

 

            5月2日には、屋根工事も完了しました。

            わずか4日で、外回りが完成し、雨風をしのげるようになったので、後は経験豊富な

            棟梁による、内部造作工事の始まりです。

 

                    

IMG_6901 (Mobile).JPG

 

                   

IMG_6902 (Mobile).JPG

 

            完成は、7月下旬頃の予定ですが、今後も工事の進捗状況を、ブログでお届けして

            行きますので、楽しみになさってご覧頂ければ、とてもうれしく思います。

 

            ちなみに、7月下旬頃以降に、「モデルハウスのオープンセレモニー」を開催させて

            頂きますので、ご期待なさってお待ち下さい。

 

            果たして、冒頭の完成イメージ写真のように、本当に仕上がるのでしょうか?

 

            私自身も、大いに期待して、楽しみにしているのです!!!

家を建てる時、あなたは何が一番心配ですか?

                  4月29日(金) 午後7時48分

 

            第1位は、「果たして、住宅ローンを払っていけるだろうか?」、

            第2位は、「自分たちの収入で、どんな家が建てられるのだろうか?」

            第3位は、「業者は、どうやって選んだらいいのか?とても不安!わからない!」

 

            「日本建築出版社」は、全国で家づくりを考えていらっしゃる若い方々に、定期的に

            アンケート調査を行っているそうですが、圧倒的に多いのが、やはり、ローンの支払いの事が、

            一番心配に思っている事だそうです。、

 

            先日あるお客様から、お問い合わせの電話がありました。

 

            「今、エリーヌホームさんのチラシを見てるんですが、社長さんの本を買いたいんですけど、

            一体どこの本屋さんで売っているんですか?」

          

IMG_6570 (Mobile).JPG

            

            私はこのようにお応えしました。

            

            「魚津市を中心に、県内のいくつかの書店には陳列してあると思いますが、図書館にも

            寄贈させてもらいましたので、お気軽に借りられると思いますが………」

 

            その方もやはり、住宅ローンの支払いの事が、心配だったんだと思うんです。

 

            子育て子世代の若い方々は、先の長い将来が見通せないので、人生最大の夢である

            家づくりに対して、大きな大きな不安を持っていらっしゃるのではないでしょうか?

 

            少しだけ自慢させて頂きますが、平成23年6月に発刊させて頂いた、「買ってはいけない家」、

            平成26年6月にも発刊させて頂いた、「富山県で家づくりをするなら。」

            

            この私の2冊の著書には、すべての解決策を書かせて頂いたつもりなので、ぜひ、家づくりを

            不安に感じていらっしゃる方々に、読んで頂きたいと思っているのです。

 

            電話でお問い合わせて頂いた方には、このようにも、お伝えしました。

 

            「完成見学会のご来場者様には、私の著書をプレゼントさせて頂いていますから、

            お気軽にお越し下さい!」

 

IMG_6407_1 (Mobile).JPG

 

            ちょうどタイミング良く、明日の4月30日(日)、明後日の5月1日(日)に開催させて頂く、

            上市町での完成現場見学会にお誘いしたところ、家族の皆さん全員でお越し頂けるという

            お返事を頂きました。

 

            将来の家づくりに、不安を感じていらっしゃる若い方々、

                                 ぜひ私の著書を取りに来て下さい。 

 

                      私は、笑顔でお待ちしております!!!

            

            

           

マイナス金利!奇跡の始まりです!

                     2月13日(土) 午後4時15分

 

            今、信じられないような事が起こり始めているのです!

            

            それは正に、奇跡の始まりと言えるでしょう。

 

            「住宅ローンの金利は、誰にも予測できない!」とは、よく言われている事なんですが、

            私にも、想像を絶するような状況になってまいりました。

 

            日本銀行が、銀行から預かっていた預金の利息を、0.1%から、マイナス0.1%に変更し、

            2月16日(月)明日から、手数料を取る事にしてしまったのです。

 

            歴史上初めての、「マイナス金利政策」、の導入のおかげで、銀行はお金の運用先が

            なくなり、住宅ローンの金利の指標ともなっている、10年物日本国債が大量に買われる

            事態に陥ってしまいました。

 

            その結果、歴史的な低金利水準が続いている住宅ローン金利は、今後益々下がり続ける

            可能性が高まって来たのです。

 

            これから住宅ローンを組んで、家づくりを考えていらっしゃる方々にとっては、

            まさしく、「千載一遇のチャンス到来!」

        

            この歴史的な超低金利の波に上手に乗り切り、将来にわたって安心できる、不安のない

            資金計画で、家づくりを始めて頂きたいと思います!

 

            来る2月28日(日)午後2時から、富山県民共生センター「サンフォルテ 303号室」で、

            「失敗しない!家づくりセミナー」を開催させて頂きますが、講演会2部の、

            「知らないとやばい!住宅ローンセミナー」で、私が詳しく、損をしない、住宅ローンの

            組み方を、わかりやすくお話をさせて頂きたいと考えています。

 

            何と言っても、今回のセミナーの最大の目玉は、第一部の、「収納の達人!草間雅子先生」

            「散らからない、家づくりの収納計画とは?」、と題しての、ご講演であります。

 

IMG_5587 (Mobile).JPG

 

            草間雅子先生は、テレビ、雑誌などの出演が多数あり、著書も出しておられますので、

            知る人ぞ知る、超有名な方なんです。

 

            昨年の2月8日(日)に、魚津市の「新川文化ホール」でご講演を頂いた時には、

            会場は超満員!何と!36組、56名、もの大変多くの方々がご参加下さいました。

 

            余りの大人気で、大好評でしたので、「次回は、富山市で開催できたらいいな~」、と思って

            いましたが、1年ぶりに再度ご講演をお願いしたところ、今回も快く、北陸新幹線に乗って

            富山に来て頂ける事になりました。

 

            2月14日(日)~18日(木)にかけて、約5万部のチラシを、新聞折り込み、ポスティングを

            させて頂きますし、北日本新聞社様にもご後援を頂いているので、2月18日(木)の朝刊で

            広告が掲載され、富山県内全域に、周知告知される事になっています。

 

            会場の都合で、「先着20組様限定」になっていますので、ブログを読んでいらっしゃる貴方、

            ぜひ、お早めにお申し込み下さい。

 

                  セミナーは2時間、されど後悔は一生です!

                                 幸運の女神は、自分から迎えに来て下さい!

            

 

過去の記事はこちら | ↑ページトップへ戻る

ホーム会社概要・営業エリアお問い合わせ・資料請求プライバシーポリシーサイトマップ

Copyright©2010 ITO KENSETSU All Rights Reserved.